佐賀県工業技術センター

WWW を検索 サイト内検索
色彩変更 標準黄青黒
ホーム>業務概要>研究開発>現在取り組んでいる研究の概要
mainimage.jpg

佐賀県

設備整備事業の一部に競輪の補助金が使われています。


競輪


AED設置場所


所在地

〒849-0932

佐賀市鍋島町八戸溝114

技術的な相談窓口:

研究企画課

TEL:0952−30-9398

Mail:skougi@saga-itc.jp

総務事務窓口:総務課

TEL:0952-30-8161

FAX:0952-32-6300

現在取り組んでいる研究の概要

令和元年度(2019年度)

食品工業部

化粧品の機能性を評価するための生体外皮膚モデルの構築及び高機能素材の探索
 (研究期間:令和元年度(2019年度)~令和3年度(2021年度))

 佐賀県では、県内の豊富な農林水産資源を化粧品に活用する取り組みが活発に行われています。中でも、紫外線などの外的要因や加齢などが原因で起こる皮膚トラブルの改善・解消を訴求した高機能化粧品が注目を集めています。このような高機能化粧品の開発では、倫理上の観点から実験動物を使用しない動物実験代替法使用の取り組みが世界中で強く求められています。
 そこで本研究では、まず抗老化機能を評価できる生体外皮膚モデルの構築を行い、これを用いて皮膚老化を予防、緩和できる県産農林水産物資源の探索、及び作用機序の解析を試みます。

地域資源を活用した機能性食品および素材開発
 (研究期間:令和元年度(2019年度)~令和3年度(2021年度))

 「中小企業地域資源活用促進法」に基づき、佐賀県では「レンコン」等地域の特産物として認識の高い農林水産94件を地域資源として指定しており、地域資源を活用した事業の推進を行っています。

 本研究では、県内の地域資源等に指定された農水産物や今後指定を目指している農水産物の健康機能や美容効果を評価し、関与成分の探索や特定を行うことによって、機能性食品や化粧品の開発に役立つ素材開発を行うことを目的とします。

佐賀県産アスパラガスの新産業活用を目指した機能性素材開発
 (研究期間:平成30年度(2018年度)~令和2年度(2020年度))

 佐賀県は全国有数のアスパラガス生産地です。アスパラガスは高血圧やメタボリックシンドローム、炎症等の予防に効果的であることが知られており、食品や化粧品等の機能性素材としても注目を集めています。しかしながら、これらの機能を維持できる加工処理条件は分かっておらず、機能性素材としての利用範囲が特定できないといった問題がありました。

 そこで、本研究ではアスパラガスの加熱処理条件と有用機能の関係性を解析することにより、機能性を有する抽出物作製条件の最適化を行います。

新「佐賀酵母」の育種とその醸造適性評価
 (研究期間:平成29年度(2017年度)~令和4年度(2022年度))

 清酒醸造において、酵母はアルコールを生成する役割の他に、有機酸やエステル類といった香味を特長づける成分を生成する役割を担っています。このことから、清酒メーカーは商品設計に応じた酵母の選択を行っています。

 本研究では多様化する消費者ニーズに応じた商品開発支援のため、様々な特性をもつ清酒酵母の育種開発に取り組み、その醸造適性を評価します。

材料環境部

セルロースナノファイバー混合塗料に関する研究
(研究期間:平成30年度(2018年度)~令和元年度(2019年度))

 国の支援にてセルロースナノファイバーの産業化が進められており、様々な産業分野で用途開発が行われていますが、カーボンファイバーのような高強度・高弾性特性が期待されており、コスト次第では、強度改善材として種々の製品への適用が進むことが予想されます。しかしながらセルロースナノファイバーは取扱いが難しい材料であり、製品へ混合した際の強化特性についても不明な点があります。
 本研究では、セルロースナノファイバー混合塗料の塗膜強化についての基礎研究を行い、ナノファイバー強化の可能性を検討します。

水素環境下における金属材料の疲労強度特性と破壊メカニズムに関する研究
(研究期間:平成28年度(2016年度)~令和元年度(2019年度))

 水素エネルギー社会の実現に向けて克服すべき課題の一つに、金属材料の「水素脆化」があります。多くの金属材料は水素ガスに曝されると強度や延性が低下する「水素脆化」が起きるため、現在水素ステーション等に使用できる金属材料は「水素の影響を受けない」高価なものに限定されており、普及の足枷となっています。

 本研究では、より安価で一般的なステンレス鋼SUS304、低合金鋼や炭素鋼など「水素の影響を受ける材料」の機械的性質(特に疲労強度特性)に及ぼす水素ガスの影響を評価し、データベースの構築および破壊メカニズムの解明、さらに強度設計指針の確立に寄与することを目的とします。

生産技術部

CAE解析による構造設計の最適化に関する研究
(研究期間:令和元年度(2019年度)~令和2年度(2020年度))

 現在、県内企業の製品設計にCAE解析が使用され、その効果は認められており核心的な技術となっています。しかし、CAE解析を用いて製品機能を改善する変更などは容易に見出せず、十分な活用効果が得られているとは言い難い現状があります。
 そこで、製品設計へCAE解析を活用するとき、CAE解析の結果に最適化技術を適用することで、製品機能を改善する設計変更を見出すことができる効果的な技術支援・指導方法を構築します。

デザイン思考を用いた新たな価値を有する家具製品の開発
(研究期間:令和元年度(2019年度)~令和3年度(2021年度))

 成熟した家具市場では、潜在的なニーズを発掘し、これまでにない新たな家具を開発することが重要であり、デザイン思考の活用が有効です。しかし、デザイン思考で最も重要な初期プロセスである「新たな価値を有する商品の開発テーマ設定」を家具メーカーが的確に実施するためには、繰り返し実践してノウハウを獲得する必要があります。
 そこで、当センターが、新たな生活スタイルや生活者の各ライフステージに対応した、これまでにない家具を開発するための視点やアイデア等を提案し、デザイン思考を活用した新商品開発手法の導入促進に取り組みます。


画像解析を利用した生産現場の状態監視技術に関する研究
(研究期間:令和元年度(2019年度)~令和3年度(2021年度))

 ものづくりの生産現場においては、製造設備の稼働状態を把握するために、制御盤や信号灯の確認、あるいは製造品の外観検査などを恒常的に実施する必要があります。しかし、そのほとんどを検査員による目視確認に頼っているため、検査の個人差や疲れによる見落としなどが生じる問題があります。また、目視検査に掛かるコストの多くは人件費であり、人手不足対策としても、検査工程への自動機の導入による生産効率の向上・省人化が期待されています。

 そこで、本研究では、人が目視で行っている監視作業を対象として、カメラ画像を解析することで状態の検知・診断を行う画像処理方法について検討します。また、画像解析による監視技術とIoT技術を連携し、検査員との協働を円滑化することで検査工程の効率化を図る生産現場の監視支援システムの開発を行います。


材料環境部・生産技術部

レーザ光高速走査・加工除去物の効率換気・搬送シートの連続加工によるエアバッグの生産コスト低減を目的としたエアバッグ用シートのレーザ裁断装置の開発
(研究期間:平成30年度(2018年度)~令和2年度(2020年度))

 従来のエアバッグの裁断工程は、製品形状に沿ってレーザ出射部を走査し加工する方法が取られています。しかし、機械的な動作ではレーザ光の高速走査が難しく、処理能力を確保するため重ねて裁断しています。そのためシートの重ね剥がしなど前後に人の作業を要し、オートメーション化できませんでした。

 そこで、レーザ光の光学的な高速走査により搬送されるシートを裁断する技術を確立し、ロール状のシート原反から製品形状に連続的に自動で生産する加工機の研究開発に取り組みます。

【経済産業省中小企業庁:平成30年度戦略的基盤技術高度化支援事業採択】

Copyright (C) Industrial Technology Center of SAGA. All rights reserved.
このサイト内のあらゆるコンテンツは著作権法で保護されます。