佐賀県工業技術センター

WWW を検索 サイト内検索
色彩変更 標準黄青黒
mainimage.jpg

佐賀県

設備整備事業の一部に競輪の補助金が使われています。


競輪


AED設置場所


所在地

〒849-0932

佐賀市鍋島町八戸溝114

技術的な相談窓口:

研究企画課

TEL:0952−30-9398

Mail:skougi@saga-itc.jp

総務事務窓口:総務課

TEL:0952-30-8161

FAX:0952-32-6300

出前講座

「出前講座」って、なに?

 工業技術センターでは、県内の企業技術者等の技術力向上や人材育成を積極的に支援するため、県内の企業等の現場を職員が訪問し、技術研修を行う「出前講座」を実施しています。
 ●  試験機器を使用する場合は、工業技術センターで開催することもあります。
 ●  お一人様からでも対応いたします。
 ●  ご要望に応じて内容と時間は変更できます。
 まずはお気軽に研究企画課までご相談ください。(TEL:0952-30-9398) 

link.gifお申込み方法はこちら


令和元年度(2019年度) 出前講座一覧表


講座

番号

講座名 概要

所要時間

の目安※

01

農林水産物の成分分析

 農林水産物の6次産業化を志す上で、原料に含まれる栄養成分や機能性成分の量を把握することは重要です。
 本講座では、農林水産物に含まれる成分の種類や前処理法・分析法、有意義な分析のために必要なポイントについて解説します。
2時間
02 食品の微生物制御・検査  食品中の微生物は、腐敗あるいは食中毒を起こす恐れがあり、安全性の面で微生物検査は不可欠とされています。
 本講座では、一般細菌や真菌類検査の公定法等について解説します。また、希望者には検査実習も可能です。
2時間
*実習無の場合
03 食品における微生物の利用  醤油や味噌、清酒、漬物などの発酵食品は、微生物の特性を利用し、製造しています。
 本講座では、主に発酵食品に関わる微生物の特徴やその取扱いについて解説します。また、希望者には微生物の培養実習も追加可能です。
2時間
*実習含
04 技術者の働き方を変える技術開発法
 (品質工学入門)
 技術開発や設計の段階で製品出荷後の機能の安定性(ロバスト性)を確保しつつ、機能とコストの適正なバランスを同時に実現するための具体的な技術開発法であるロバストパラメータ設計(品質工学)について、基本的な考え方を中心に事例を交えながら解説します。 3時間
05 分析装置を使った製品トラブルの調べ方  製品トラブルの調査に使える各種分析装置の測定原理、使い方、測定データの読み方について解説と実習を行います。 2~3時間
06 簡単にできる材料試験  引張試験機や硬さ試験機を用いて、試験方法や測定データの意味など簡単にできる材料試験を解説します。 2時間
07 はじめての化学分析  化学分析に必要不可欠な基本用語や単位の解説、ガラス器具の使い方、薬品の安全な取扱いなどについて解説します。 3時間
08 これだけは知っておきたい機械材料  機械材料として最も使用されている鉄鋼材料を中心に、その特性と使い方、選び方を解説します。教科書としてJIS使い方シリーズ「鉄鋼材料選択のポイント」を使用します。 3時間
09 これだけは知っておきたいモノの破壊現象  構造材料に生じる各種破壊現象について、金属疲労を中心に基礎を解説します。 3時間
10 これだけは知っておきたい溶接の基礎  溶接作業に従事するにあたり、最低限知っておきたい溶接の基礎を解説します。 3時間
11 機械設計における強度計算  機械設計において応力や変形量の強度計算について、梁の曲げ応力を例にその計算方法と得られた応力値の評価方法を解説します。 3時間

12

実務に役立つプログラミングの初歩

 プログラミング言語として、簡単に使えるExcelのマクロ(VBA)や、本格的なアプリケーション開発に使われているC言語などを用いて、事務作業の効率化、操業データの集計処理、操作画面(ユーザーインターフェース)作成などのプログラム作成方法について解説します。

3日

3時間/日

13

製造現場のIoT化のすすめ方

 各種センサ回路、無線通信規格のZigBee、マイクロコンピュータのArduino、ボードコンピュータのRaspberry PIなどを用いて、生産現場へIoT技術を導入する方法を解説します。

2日
3時間/日
14

デザイン思考を活用した新商品開発入門

  既存製品の延長ではなく、これまでにない新たな価値や真に求められる商品を創造する方法論である「デザイン思考」を活用した新商品開発のプロセスや手法を解説します。

2時間

※所要時間の目安は、ご要望に応じて内容、時間は変更可。

申込み方法

  1. 申し込み
    • 研究企画課まで、出前講座申込書( (22KB; MS-Wordファイル)(64KB; PDFファイル))に必要事項をご記入のうえ、メール(skougi@saga-itc.jp)又はFAX(0952-32-6300)で申し込みください。
    • 申込書の記入例は以下のファイルをご参照ください。                         (記入例 (89KB; PDFファイル))
    • 原則として研修希望日の1ヶ月前までにお申し込みください。
    • 受付は、随時行います。
       (令和元年度(2019年度)は令和2年(2020年)2月末まで受付し、3月末までの実施とします。)
  2. 日程・内容調整
    • 実施日時:土曜日・日曜日・祝日を除く、9時~17時です。
    • 講座担当者から依頼者に連絡し、日程や内容等を調整します。
      (講座によっては、開催人数を相談させていただく場合があります。)
  3. 料金
    • 原則として無料です。
      (但し、センターの試験機器を使用する場合や材料費、図書費等が必要な場合は、企業様のご負担となります。)

Copyright (C) Industrial Technology Center of SAGA. All rights reserved.
このサイト内のあらゆるコンテンツは著作権法で保護されます。