品質工学研究会

下記の内容で本年度の活動を行います。

研究会開催の際には、当センターホームページ及びメールマガジン(技術情報メール配信サービス)にてお知らせ致します。

技術情報メール配信サービスへの登録はこちら

なお、参加にあたっては、品質工学研究会の会員登録が必要となります。

研究会の目的

品質工学(Taguchi Method)は高品質と高生産性を同時に実現するための具体的な技術方法論であり、様々な技術分野への適用が可能です。本研究会は、会員同士が品質工学を実践しながら習得する場を提供し、その支援を行うことを目的としています。

活動内容

  • 品質工学の習得および実践に関すること
  • 会員企業等における品質工学の活用に関すること
  • 品質工学の普及に関すること

具体的活動内容

  • 会員相互の話題提供(取り組み、実験計画検討、事例発表、文献情報等)
  • 会員相互の疑問・相談に対する意見交換
  • 講習及び講演会の開催
    話題提供では、会員に時間枠をご提供します。
    (約40分/件、各回1~2件程度)

担当となった回に、意見交換等を行うテーマをご提供ください。

初心者の方には、事務局のサポートがありますのでご安心ください。

開催日程

年間6回程度の開催を予定

5月 定例研究会

7月 定例研究会

9月 講演会等(仮)

11月 定例研究会

1月 講演会等(仮)

3月 定例研究会

通常15:00~17:00 (講演会等がある回は変更となる場合があります)

会員要件

 品質工学を活用し、技術開発の効率化、品質向上および生産性向上等を実現したい方

  (入会、退会は随時可能です。見学もできます。)

 会費:無料

主な会場

工業技術センター 本館1階 研修室

申込み方法(会員登録、見学)

入会・見学申込書に必要事項をご記入のうえ、電子メール又はFAXにてお申し込みください。

 入会・見学申込書 (93KB; PDFファイル)

 入会・見学申込書 (27KB; MS-Wordファイル)

お問合わせ・申込み先

材料環境部 平井、久間(品質工学研究会担当)
E-mail zairyo@saga-itc.jp (材料環境部)

FAX  0952-33-3214(材料環境部)
電話  0952-30-8163(材料環境部)

参考情報

品質工学研究会チラシ (291KB; PDFファイル)

品質工学紹介パンフレット(212KB; PDFファイル)


【参考】令和2年度の開催日程、内容(実績)

 開催数

 開催日時

 内容 

 第1回

7月9日(木)

15:00~17:00

定例会(オンライン開催)

  • 座学・解説「パラメータ設計における誤差因子に関する検討について」
  • 意見交換「令和2年度の研究会の運営・計画について」
 第2回

9月10日(木)

15:00~17:00

定例会(オンライン開催)

  • 実験計画検討「細線パターンの作製」
  • 実験計画検討「めっき製品管理用タグの検証」
 第3回

9月28日(月)
13:30~17:00

セミナー(オンライン開催)

  • 「技術者の働き方を変える技術開発法(品質工学入門)」
 第4回

11月12日(木)
15:00~17:00

定例会(オンライン開催)

  • 座学・解説「品質工学会の解析支援ツールとサンプル事例に学ぶパラメータ設計の考え方と流れについて」
  • 実験計画検討「特殊鋼用化学研磨条件の確立」
 第5回

1月14日(木)
13:30~17:00

品質工学講演会及び相談会(オンライン開催)

  • 特別講演「開発・改善におけるパラメータ設計の活用」/石田一(元・国立研究開発法人産業技術総合研究所)
  • 品質工学相談会(2件)
 第6回

3月11日(木)
15:00~17:00

定例会(オンライン開催)

  • 座学・解説「事例で学ぶ ロバストパラメータ設計」
  • 人材育成・教材『YouTubeチャンネル「そもそも品質工学」について』

【参考】

品質工学の考え方についてお知りになりたい佐賀県内企業の方は、是非、出前講座No.04「技術者の働き方を変える技術開発法(品質工学入門)」にお申し込みください。会社を訪問して紹介・解説いたします。

このページに関するお問い合わせ

材料環境部 TEL:0952-30-8163

技術的なご相談はこちら