所長あいさつ

新型コロナウイルス感染症の社会や経済への影響は減少しつつありますが、社会情勢の不安定化や自然災害の多発によるエネルギー・資材価格の高騰、脱炭素化をはじめとする環境への配慮、少子高齢化による人材不足への対応など、製造業を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。

 

このような状況の中、県内製造業の皆様は、自社製品の付加価値向上や新技術の開発、デジタル技術の導入による生産技術の高度化、製品品質の向上、コスト削減等に果敢に挑戦され、製品競争力の強化に取り組まれていることと思います。

 

当センターは、県内製造業の皆様を技術的側面から支援するため、皆様の技術ニーズを踏まえ、研究開発を推進するとともに、皆様からの技術相談や依頼試験等に真摯に取組み、その技術的課題の解決を図ることで、「身近な技術パートナー」として厚い信頼を寄せていただける総合的な技術支援機関を目指しています。

 

その一環として、技術支援サービスの向上を目的に令和4年度にDX推進事業に取り組みました。現在、試験機器の操作方法の説明動画やマニュアルを当センターのホームページで公開していますので是非ご覧ください。今後、技術講習会や研究会等のコンテンツを含め逐次追加していく予定です。

 

また、令和5年度は、当センターの将来構想を引き続き検討することとしています。今後、果たすべき役割や強化すべき機能等を検討するにあたっては、企業の皆様のご要望やご意見がベースとなります。当センターの職員が技術相談や企業訪問、研究会、依頼試験など、さまざまな機会をとおして真摯にお伺いしたいと思いますので、ご協力をお願い申し上げます。

皆様の声をお聞きした上で、脱炭素化やデジタル化への対応、新たな価値創造など、皆様に共通する課題への対応を含めて検討して参ります。

 

佐賀県工業技術センターは、県内製造業の皆様に利活用いただくことで、その存在の意義があり、かつ価値が生まれると考えております。何か困った時や新しくチャレンジしたい時など、どのようなご相談でも構いませんので、お気軽に当センターをご利用くださいますようお願い申し上げます。

 

令和5年4月

佐賀県工業技術センター

所長 川口 比呂志

技術的なご相談はこちら