佐賀県工業技術センター

WWW を検索 サイト内検索
色彩変更 標準黄青黒
ホーム>R3年度新着情報一覧 >令和3年度 IoT技術研究会 分科会「Pythonデータサイエンス入門」のご案内(9月28日開催)【終了しました】
mainimage.jpg

佐賀県

設備整備事業の一部に競輪の補助金が使われています。


競輪

AED設置場所


所在地

〒849-0932

佐賀市鍋島町八戸溝114

技術的な相談窓口:

研究企画課

TEL:0952−30-9398

Mail:skougi@saga-itc.jp

総務事務窓口:総務課

TEL:0952-30-8161

FAX:0952-32-6300

令和3年度 IoT技術研究会 分科会「Pythonデータサイエンス入門」のご案内(9月28日開催)【終了しました】

【Web開催】 令和3年度 IoT技術研究会 分科会
― Pythonデータサイエンス入門 ―

 昨今のAI・機械学習技術の台頭に伴い、それらの実装に用いられるPython言語への注目がより一層高まってきております。Python言語には、データサイエンスや計算科学、Web開発、システム開発、AI開発等に必要なライブラリが豊富に用意されており、それらの高機能なツールを手軽に利用できる汎用的なプログラミング言語として利活用の場が急速に拡大しています。その一方で、初学者にとっては、膨大な選択肢の中から、課題解決に適宜な手法・ライブラリを選択することが容易ではなく、「Pythonで具体的にどんなことができるのかイメージできない」、「習得したいけど何から始めれば良いかわからない」などの意見が寄せられています。
 本講習では、まずPython言語プログラミングの基礎概念について、Google Colaboratory(Web上のプログラミング実行環境)による実習を通して学んで頂きます。さらに、機械学習アルゴリズムのひとつであるランダムフォレストを用いた分類問題の解析手順について解説し、交差検証・特徴量エンジニアリングなど、データサイエンスに必要な作業工程の概要を紹介します。



1.日時

  令和3年9月28日(火曜日) 13:30時~16:30時


2.開催方法 Web開催(Skypeを使用) 

※ リモートSkype「Meet Now」を使用します。PC版はサインアップ不要で利用できます。

3.内容

 (1)Python言語の紹介
 (2)Python言語の基礎講習
 (3)機械学習による分類問題(タイタニック号の乗客生存予測)の解析手順解説


 チラシはこちら (246KB; PDFファイル)。

4.使用機材

 下記機器をご準備ください。また、Google ドライブやGoogle Colaboratoryを使用するため、Googleアカウントへの事前登録が必要です。
 (1)インターネットとブラウザ(Chrome推奨、Internet Exploreは不可)が使用できるPC
 (2)WEB会議に必要な電子機器(スピーカ・マイク・Webカメラ)
※ Googleアカウントが必要です。事前に登録しアカウントを取得してください。

5.参加費  

  無料

6.定員

  10名

 ※佐賀県内企業の方に限らせていただきます

7.申込み方法

  申込書(WORD形式 (16KB; MS-Wordファイル)に必要事項をご記入のうえ、

  Email(seisan@saga-itc.jp)でお申込みください。 

  (メール件名:「Python入門参加希望」と指定ください)


 ※ Web会議の設定方法などの詳細は、お申込み受付後に改めてご連絡いたします。

8.申込み締切

 令和3年9月16日(木曜日)

9.問い合わせ先

  生産技術部  中野、大坪

     TEL0952-30-8237E-mail:seisan@saga-itc.jp

 

Copyright (C) Industrial Technology Center of SAGA. All rights reserved.
このサイト内のあらゆるコンテンツは著作権法で保護されます。