佐賀県工業技術センター

WWW を検索 サイト内検索
色彩変更 標準黄青黒
ホーム>研究・成果>報道>平成21年度 工業技術センターに関する新聞報道、テレビ報道
mainimage.jpg

佐賀県

設備整備事業の一部に競輪の補助金が使われています。


競輪

AED設置場所


所在地

〒849-0932

佐賀市鍋島町八戸溝114

技術的な相談窓口:

研究企画課

TEL:0952−30-9398

Mail:skougi@saga-itc.jp

総務事務窓口:総務課

TEL:0952-30-8161

FAX:0952-32-6300

平成21年度 工業技術センターに関する新聞報道、テレビ報道

掲載日 新聞社等 記事 内容説明

2009年

4月14日

日刊工業新聞 県内企業に「出前講座」
食品加工など21テーマを設定
工業技術センターの平成21年度新規事業「出前講座」について、21講座を設定し、企業貢献度の向上を目指している。

2009年

4月15日

西日本新聞 品質工学研究会・成果発表会の開催 県工業技術センターでは16日午後1時‐5時、同センターで品質向上やコストダウンを解決するための企業の研究事例・成果発表会を開く。

2009年

4月17日

日刊工業新聞 全職員一丸で企業訪問の3倍増を目指す 職員の県内企業訪問件数は08年度約450件を達成。09年度は約600件を目指す。07年度実績の3倍増を打ち出したなど。

2009年

4月22日

佐賀新聞 自動車産業の人材育成 産学官が連携し、自動車関連産業の人材育成を目指す連絡会議において、工業技術センターは品質工学や機械設計など21の専門分野について、職員が企業を訪問する出前講座を開設することなどを報告した。

2009年

4月23日

佐賀新聞 第15回佐賀県品質工学研究会研究成果発表会 佐賀県品質工学研究会が、平成19年度に実施した企業課題の改善事例4件について発表するとともに、招待講演や特別講演などが行われた。

2009年

5月14日

佐賀新聞 醗酵学特別講座の開催 佐賀大学本庄キャンパスで醗酵学、”特別講座”があり、微生物学を学ぶ佐賀大学生ら約60人が県産の日本酒や焼酎の利き酒に挑戦した。講義では県工業技術センター食品工業部長が酒にまつわる豆知識を紹介した。

2009年

6月9日

佐賀新聞 破損レンズから肥前びーどろ
「炊飯補助」の新商品開発
県工業技術センターの技術支援を受け、自動車用ヘッドライトの製造時に生じる破損レンズを原料にした新たな「肥前びーどろ」を、佐賀市の副島硝子工業が開発した。

2009年

8月4日

日本経済新聞 エイからメタボ予防物質
スープなど商品化へ
日本ハム、佐賀大学などの産学官共同研究グループは二枚貝を食い荒らすナルトビエイからメタボリックシンドロームの予防効果があるペプチドを共同開発する。オフィス・タカハシが共同研究のとりまとめ役となり、佐賀県工業技術センターはペプチドの抽出方法の開発を目指す。

2009年

8月7日

醸界タイムズ 佐賀県原産地呼称管理制度 同制度は県が主導し、平成16年に発足。認証は商品ごとに行うもので、認定シールの貼付などが許される。有効期限は1年間。制度運営にあたる「管理委員会」のメンバーは県工技センターなど13人で構成。

2009年

9月8日

日刊工業新聞 品質工学講座を開催 9日13時から佐賀県工業技術センターで「品質工学講座」を開く。11月末までに全10回開催する。品質向上やコスト低減などを実現する品質工学(タグチメソッド)を学ぶ。

2009年

9月30日

日刊工業新聞 モノづくり佐賀県力を応援する佐賀県工業技術センター 開かれた技術開発拠点を目指す佐賀県工業技術センター。佐賀県発のの新製品・新商品開発やオンリーワン企業の育成を積極的に支援する。また県内企業との交流や接点づくりにも力を入れ、産学官連携を強化している。県内企業に存在感のあるセンターづくりを目指す。
・09年度訪問技術指導約600件・企業ニーズに応じた出前講座
・産学官で総合的な県内企業支援・研究成果発表会で紹介・研究事例紹介(4件)

2009年

10月17日

佐賀新聞 県工業技術センターが幼児用電動車いすを開発 県工業技術センターの研究成果発表会が開かれ、障害児の活動をサポートする幼児用電動車いす開発の経緯を紹介した。幼児期から移動する感覚を身につけることで、屋外活動などの能力を養い将来的な自立に結び付けていく。電動車いすは佐賀大学や配電機器メーカーなどと共同開発した。

Copyright (C) Industrial Technology Center of SAGA. All rights reserved.
このサイト内のあらゆるコンテンツは著作権法で保護されます。