佐賀県工業技術センター

WWW を検索 サイト内検索
色彩変更 標準黄青黒
ホーム>研究・成果>報道>平成22年度 工業技術センターに関する新聞報道、テレビ報道
mainimage.jpg

佐賀県

設備整備事業の一部に競輪の補助金が使われています。


競輪


AED設置場所


所在地

〒849-0932

佐賀市鍋島町八戸溝114

技術的な相談窓口:

研究企画課

TEL:0952−30-9398

Mail:skougi@saga-itc.jp

総務事務窓口:総務課

TEL:0952-30-8161

FAX:0952-32-6300

平成22年度 工業技術センターに関する新聞報道、テレビ報道

掲載日 新聞社等 記事 内容説明

2010年

4月14日

佐賀新聞

品温管理システム

数値から杜氏の判断推測

小城市の天山酒造が佐賀県工業技術センターと共同で開発、導入している酒の製造用発酵タンクの温度調整の記録をデータベース化する「品温管理システム」ついて紹介する。

2010年

4月24日

佐賀新聞

特許活用の製品開発支援

他者の特許を活用して新商品の開発や事業展開を図る中小企業を支援するため、佐賀県は助成制度を新設した。

2010年

4月26日

日刊工業新聞

体の不自由な子ども

屋内の移動 支援

工業技術センターは県内企業や大学などと共同で体の不自由な子どもたちのための屋内移動装置の開発に取り組む。

2010年

5月11日

佐賀新聞

共同研究テーマの募集 工業技術センターは本年度の「萌芽的独創連携研究」のテーマを公募している。

2010年

5月15日

佐賀新聞

出前講座の利用を 工業技術センターは、センター職員を企業に派遣する「出前講座」の利用を呼び掛けている。

2010年

5月19日

日刊工業新聞

佐賀県溶接競技会 佐賀県溶接協会は佐賀市の佐嘉神社記念館で「第51回佐賀県溶接競技会」の表彰式を行った。同競技会は2月13日に県工業技術センターで実施した。

2010年

9月27日

日刊工業新聞

地域を歩み、地域と駆ける 工業技術センターは県内企業に対する貢献度の向上に力を入れている。設備や体制を整えて企業の来訪を待つとともに、自ら積極的に外へ出ることで企業ニーズの把握に努めている。モノづくりの振興に取り組む同センターの活動を追い、研究成果事例を紹介する。

2010年

10月13日

ものづくりチャンネル
読み物チャンネル
本ものづくり紀行
製造現場からの報告
工業技術センターは技術職員20数名と「全国最小規模」ながら、ユニークな取組みで県内のものづくりを支えている。
http://mono-ch.nikkan.co.jp/m/column/2010/10/49.html

2010年

10月22日

佐賀新聞

3企業が機械装置見学 工業技術センターで、企業向け見学会が開催された。県内3企業から9人が参加し、企業向け支援メニューや機械装置の説明に聞き入った。

2010年

11月10日

日本経済新聞

佐賀県の研究機関

特許、県外企業に開放

佐賀県には、工業技術センターなど県の試験研究機関が10機関あり、計31件の特許権を保有している。県の研究機関が持つ特許を一定の条件付きで県外企業にも開放することを決めた。

2010年

11月20日

佐賀新聞

聖徳ゼロテックに感謝状 聖徳ゼロテックは2006年、(独)産業技術総合研究所や工業技術センターによる説明会後、他の企業に先駆けて生産管理システムの導入を行った。産総研は同研究所が作ったソフトウェア開発支援システムの普及に貢献したとして、佐賀市のプレス金型製造「聖徳ゼロテック」に感謝状を贈った。

2010年

12月4日

佐賀新聞

県有特許使用

県外企業も可

佐賀県は、酸化チタンや撥水性セラミックスなどの県有特許を、一定の条件付きで県外企業にも使用を許可する。県内産業、企業の保護を名目に許可していなかったが、佐賀発の技術力PRや増収策としての観点から方針を転換する。優れた知的財産を有効活用する。

Copyright (C) Industrial Technology Center of SAGA. All rights reserved.
このサイト内のあらゆるコンテンツは著作権法で保護されます。