沿革

1930年代

1937(昭和十二年) 佐賀県木工指導所を「佐賀市上多布施」に設立

1940年代

1940(昭和十五年) 佐賀県副業指導所と改称
1946(昭和二十一年) 佐賀県工芸指導所と改称
1948(昭和二十三年) 佐賀県木竹工業試験場と改称

1950年代

1958(昭和三十三年) 佐賀県工業技術相談室(化学試験室)を併合して佐賀県工業試験場を設置

1960年代

1962(昭和三十七年) 施設を佐賀市神野町一本松に建設移転
1962(昭和三十七年) 工業試験場の組織内容を充実し、一課三部制となる
1964(昭和三十九年) 紙業試験場を吸収合併し、新たに紙業部を設置し一課四部制となる
1966(昭和四十一年) 機械金属関係の実験工場を新設

1970年代

1971(昭和四十六年) 紙業部を廃止し、紙業研究室を理化学部に吸収し一課三部制となる
1972(昭和四十七年) 新設の工業試験場用地として現在地(佐賀市鍋島町八戸溝)を取得
1973(昭和四十八年) 工業試験場の移転建築着工
1974(昭和四十九年) 工業試験場「本館」完成移転
1975(昭和五十年) 機械金属棟、工芸棟完成
1975(昭和五十年) 工業試験場新築落成式

1980年代

1984(昭和五十九年) 機械金属部に電子技術研究室を新設
1989(平成元年) 機械制御研究棟新設

1990年代

1990(平成二年)

機械金属部電子技術研究室を応用電子部に昇格し、一課四部制となる。

また工芸部をデザイン部に名称変更。

1991(平成三年) デザイン部に諸富デザインセンター(分室)を新設。理化学部を化学食品部に名称変更
1992(平成四年) 佐賀県工業技術センターと改称
1993(平成五年) 電子技術開発棟新設
1997(平成九年) 機械金属棟の増改築
1997(平成九年) 特許公報地方閲覧所を廃止し、佐賀県知的所有権センターを開設
1998(平成十年) 機械金属新棟完成

2000年代

2001(平成十三年)

組織改編により総務課、研究企画課、食品工業部、材料環境部、生産技術部のニ課三部制となる。

2011(平成二十三年) 佐賀県知的所有権センターを、(財)佐賀県地域産業支援センターに移管。


沿革修正版

1937(昭和十二年) 佐賀県木工指導所を「佐賀市上多布施」に設立
1940(昭和十五年) 佐賀県副業指導所と改称
1946(昭和二十一年) 佐賀県工芸指導所と改称
1948(昭和二十三年) 佐賀県木竹工業試験場と改称
1958(昭和三十三年) 佐賀県工業技術相談室(化学試験室)を併合して佐賀県工業試験場を設置
1962(昭和三十七年) 施設を佐賀市神野町一本松に建設移転
1962(昭和三十七年) 工業試験場の組織内容を充実し、一課三部制となる
1964(昭和三十九年) 紙業試験場を吸収合併し、新たに紙業部を設置し一課四部制となる
1966(昭和四十一年) 機械金属関係の実験工場を新設
1971(昭和四十六年) 紙業部を廃止し、紙業研究室を理化学部に吸収し一課三部制となる
1972(昭和四十七年) 新設の工業試験場用地として現在地(佐賀市鍋島町八戸溝)を取得
1973(昭和四十八年) 工業試験場の移転建築着工
1974(昭和四十九年) 工業試験場「本館」完成移転
1975(昭和五十年) 機械金属棟、工芸棟完成
1975(昭和五十年) 工業試験場新築落成式
1984(昭和五十九年) 機械金属部に電子技術研究室を新設
1989(平成元年) 機械制御研究棟新設
1990(平成二年)

機械金属部電子技術研究室を応用電子部に昇格し、一課四部制となる。

また工芸部をデザイン部に名称変更。

1991(平成三年) デザイン部に諸富デザインセンター(分室)を新設。理化学部を化学食品部に名称変更
1992(平成四年) 佐賀県工業技術センターと改称
1993(平成五年) 電子技術開発棟新設
1997(平成九年) 機械金属棟の増改築
1997(平成九年) 特許公報地方閲覧所を廃止し、佐賀県知的所有権センターを開設
1998(平成十年) 機械金属新棟完成
2001(平成十三年)

組織改編により総務課、研究企画課、食品工業部、材料環境部、生産技術部のニ課三部制となる。

2011(平成二十三年) 佐賀県知的所有権センターを、(財)佐賀県地域産業支援センターに移管。

このページに関するお問い合わせ

総務課 TEL:0952-30-8161

技術的なご相談はこちら