品質工学講演会・9月定例会

品質工学研究会は、会員同士が品質工学を実践しながら修得する場を提供し、その支援を行っています。

今回、みなさまに新しい溶接法や疲労に関する技術と品質工学の魅力を感じていただくため、以下の講演会を開催いたします。


第1部では 耐久試験レスで疲労寿命を予測する試み」をテーマとし、新しい溶接法に対して溶接条件を最適化し、船舶の溶接の高速化を実現する技術等についてご講演いただきます。溶接に馴染みのない方でも、疲労破壊技術への向き合い方(品質工学の視点)などの参考になるでしょう。なお、これらの内容は「2020年度品質工学論文賞」、「ICRQE2021 Taguchi Excellent Award」を受賞されたものです。
第2部では当研究会の定例会を行います。異業種間で技術を検討する稀な場ですので、この機会に併せてご見学ください。

皆様のお申込みをお待ちいたしております。


チラシ(開催案内) (758KB; PDFファイル)

1 日時

令和4年(2022年)9月8日(木曜日) 14時00分~17時00分

2 開催方法  ハイブリッド

  • 会場     佐賀県工業技術センター 本館1階 技術研修室
                (〒849-0932 佐賀市鍋島町八戸溝114)
  • オンライン Webex

3 内容

【第1部】品質工学講演会(一般公開) 14:00~16:00
 テーマ 「耐久試験レスで疲労寿命を予測する試み」
  1. 新溶接法を対象とした溶接条件ロバスト最適化
  2. 単調引張試験と疲労試験のロバスト性
 講師 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
     海上技術安全研究所 構造・産業システム系
           産業システム研究グループ 津村秀一


【第2部】9月定例会(見学希望者) 16:10~17:00
 実験計画検討「板バネの寿命向上について」   サンユー工業(株)

4 参加費  

無料

5 対象者

ものづくり企業等

6 定員

会場:20名    オンライン:90名

7 申込み方法

 「申込書」に必要事項をご記入の上、電子メールでお申し込みください。
参加申込書 (233KB; PDFファイル)

参加申込書 (31KB; MS-Wordファイル)

※電子メールの件名に「品質工学講演会の申し込み」とご記入をお願いします。

8 申込期日 令和4年9月6日(火曜日)

9 申込み先・問い合わせ先

材料環境部 平井、久間(品質工学研究会担当)
E-mail zairyo@saga-itc.jp (材料環境部)

電話  0952-30-8163 (材料環境部)



※ Web会議の設定方法などの詳細は、お申込み受付後に改めてご連絡いたします。

※ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては、オンラインのみに変更する場合がございます。

当日13:30より「18分で紹介する品質工学」の動画を配信(視聴自由)

講演内容を理解しやすいように品質工学の考え方や用語を紹介する動画を配信・表示します。

是非こちらもご覧ください。


参考 品質工学研究会の概要・活動計画はこちら(クリック)


このページに関するお問い合わせ

材料環境部 TEL:0952-30-8163

技術的なご相談はこちら