萌芽的独創研究(募集期間の延長)

1.萌芽的独創研究とは

 県内産業の育成を図るため、独創的発想に基づき「研究の種」を生み出し、その成果を次の研究開発に結びつける研究制度です。この制度では、県内企業や大学等と連携して共同研究を実施します。

萌芽的独創研究には以下のような研究が該当します。

  • 成果の見通しは未知であるものの、独創性あるいは将来性がある研究
  • 研究開発により新産業の育成が見込まれる可能性研究 

【研究対象とする技術分野】  コチラから御確認ください。(クリックしてください)

2.募集期間 (募集期間を延長しました)

令和4年5月9日(月曜日)~令和4年6月10日(金曜日)

3.研究期間

研究期間は共同研究契約締結後から当該年度末までとなります。
なお、単年度の契約となりますので、年度を超えた研究を希望される場合は再契約が必要となります。

4.募集対象者

佐賀県内の企業及び企業団体等を優先しますが、大学等の研究機関においては県内に限りません。

5.申請方法

  • 佐賀県工業系試験研究機関共同研究取扱方針(以下、共同研究取扱方針)に基づいて、共同研究申請書 (22KB; MS-Wordファイル)に誓約書 (20KB; MS-Wordファイル)、会社定款及び会社経歴書を添えて提出してください。
  • 共同研究申請書の作成にあたっては、事前に研究企画課へお問い合わせください。
  • 共同研究概要、共同研究分担計画、所要額見積額等についての詳細な資料(共同研究取扱方針 別表1~4 (22KB; MS-Wordファイル)を申請と同時に提出していただきます。
  • 提出された申請書等は、試験研究課題の採否に関わらず返却できませんので、あらかじめ御了承ください。
  • 関係書類はこのページの終わりにも添付しています。 

6.実施決定

申請のあった試験研究課題は、当センターにおいて研究評価を行い、実施が適当か否かを決定します。

なお、実施の適否判断のため、申請者に当センターでの説明をお願いする場合があります。

7.契約

実施決定した試験研究課題については、共同研究契約書(共同研究取扱方針 様式第3号に準ずる)を作成します。その後、県ものづくり産業課との事前協議が整いましたら、正式に共同研究契約を締結します。

8.研究経費の分担

共同研究分担計画(共同研究取扱方針 別表2)に応じた内容をそれぞれが分担し、分担に応じた経費をそれぞれが負担します。

9.研究実績の報告

共同研究終了後、原則30日以内に研究の成果をまとめた実績報告書を研究担当者と共同で作成し提出していただきます。

10.知的財産権

共同研究業務において行った発明等の知的財産権等は、原則として県と共同研究者の共有となります。この場合、共同研究取扱方針 様式第4号に準じる共同出願契約を締結する必要があります。
また、分担課題にのみ帰属し、単独で行った知的財産権等の出願(単独出願)については、事前に県との協議が必要です。

11.成果の公表等

共同研究の成果については、共同研究者の業務に支障があると認めた場合を除き、公表することとなります。公表が業務に支障をきたす場合は、公表不可の申し入れが必要です。

12.問い合わせ、及び申請書提出先

 〒849-0932 佐賀県佐賀市鍋島町八戸溝114

 佐賀県工業技術センター 研究企画課

 電話:0952-30-9398 E-mail:skougi@saga-itc.jp

共同研究取扱方針 (166KB; PDFファイル)

共同研究申請書 (22KB; MS-Wordファイル)

誓約書 (20KB; MS-Wordファイル)

共同研究概要、共同研究分担計画、所要額見積額(別表1~4) (22KB; MS-Wordファイル)

共同出願契約書(様式第4号) (25KB; MS-Wordファイル)

このページに関するお問い合わせ

研究企画課 TEL:0952-30-9398 E-mail:skougi@saga-itc.jp

技術的なご相談はこちら