材料環境部

分析評価技術、新エネルギー・省エネルギー関連技術、モノづくり支援、ロバスト設計技術に関する研究、技術支援、依頼試験を行っています。また、材料と環境に関する基盤技術、品質工学に関する研究会を行っています。

分析評価技術による企業支援

高度分析装置や各種試験装置を用いて、工業材料や製品に関する研究開発や依頼試験を行っています。種々の材料の化学組成・状態分析、結晶構造解析、固体表面・界面組織観察などの材料分析や引張り・曲げ・硬さ試験などの金属材料の力学的特性試験を通して、県内企業に対して技術支援を行っています。

新エネルギ-・省エネルギー関連の研究開発

自動車関連部品の軽量化に寄与する樹脂製品の付加価値(金属光沢)を高めるための金属コーティングの品質向上に関する研究や次世代クリーンエネルギーである水素利用の普及に向けて全国で建設中の水素ステーション等のインフラに使用される金属材料について、水素環境下における疲労強度特性などに関する研究を行っています。

 

ロバスト設計技術の普及促進

ロバスト(頑健)設計は、「品質工学(Taguchi Methods)」の考え方であり、コストをかけずに製品のトラブルを未然に防止する技術論です。短期間に効率よく、最適な設計・製造条件を求める方法として多くの企業に取り入れられています。このようなことから、品質工学研究会の活動や技術相談などを通して企業への普及促進や導入支援を行っています。


品質工学研究会とは?

レーザー顕微鏡(オリンパス製OLS-4100)

光源に波長405nmの半導体レーザーを用いた高解像度で物質表面を観察できる装置です。          

レーザー顕微鏡.JPG

 


レーザー顕微鏡による粗さ測定

レーザー顕微鏡による粗さ測定.jpg


疲労試験機

1-疲労試験機.JPG

(島津製作所製EHF-EG10KN-10L)

環状切欠き試験片

2-環状切欠き試験片.JPG

このページに関するお問い合わせ

材料環境部 TEL:0952-30-8163

技術的なご相談はこちら